ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

心身障がい者福祉

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

重度心身障がい者医療費給付

内容

病院から月毎に支払った医療費の証明を受け、町にこの証明書を提出しますと健康保険の適用となる医療費の自己負担額が全額給付されます。

対象者

  • 身体障がい者手帳をお持ちの方
    (1)1級又は2級の方、(2)3級で心臓等の内部障害の方、(3)手帳所有者であって療育手帳Bをお持ちの方
  • 療育手帳をお持ちの方
    Aの方
  • 保健福祉手帳をお持ちの方
    (1)1級の方、(2)2・3級の方で身体障がい者手帳又は療育手帳をお持ちの方

助成内容

医療費の給付
<注> 本人及び家族の所得額によっては給付されません。

手続きに必要なもの

手帳、印鑑、健康保険者証、本人の通帳(自己負担した医療費の振込みを希望する郵便局以外の金融機関のもの)

備考

入院等(入院の場合、所持する手帳内容によっては給付対象にならないものもあります)で高額医療となった場合、高額医療給付手続が完了した後に給付となります。この場合、高額医療の給付額を差し引いた額が対象となります。高額医療の給付手続きは国民健康保険‥町、社会保険‥社会保険事務所等(手続き終了後に高額医療の決定通知書を添えて町に申請して下さい)。内容によっては調査のため給付が遅れることがあります。

補装具の給付

内容

在宅の重度障がいの方の日常生活が容易になるよう、程度に応じて用具の給付が受けられます

対象者・助成内容

  • 視覚に障がいのある方 ‥特殊ベッド等
  • 聴覚に障がいのある方 ‥ファックス等
  • 肢体に障がいのある方 ‥酸素ボンベ運搬機等

<注> 本人及び家族の所得の状況に応じて一部負担があります。

手続きに必要なもの

手帳、印鑑

JR・バス料金の割引

内容

料金が割引になります。

対象者

手帳を持つ方

助成内容

バス料金は半額、JRは手帳の内容・利用条件により割引基準が変わり、その範囲で50%割引となります。

手続きに必要なもの

手帳

備考

第1種身体障がい者手帳や療育手帳A、保健福祉手帳1級の方の場合、介護者も一緒に乗車する際は割引の対象になります。その他詳細は乗車券の購入の際直接お尋ね下さい。

タクシー料金の割引

内容

料金が割引になります。

対象者

手帳を持つ方

助成内容

料金の10%の割引

手続きに必要なもの

手帳

備考

タクシーに乗車した際お尋ね下さい。

有料道路の通行料金割引

内容

身体障がい者手帳をお持ちの方でご本人が運転される場合、又は第1種障がい者の方を乗せて同一生計内の方が運転する場合料金割引になります。

助成内容

通行料金の50%の割引

手続きに必要なもの

手帳、運転免許証、車検証、印鑑

備考

町役場に申請して下さい。手帳に、該当する車両の番号と証明印を記載し、割引証を交付します。料金支払時に手帳を提示し、割引証を提出して料金を支払ってください。
※適用になる車両は自家用車のみです。(営業車両及びそれと看做されるものは該当しません)

自動車税の減免

内容

障がいのある方自身又は障がいを持つ家族の為に使用される車の税金の減免を受けられます。

対象者

車の所有者が手帳の所持者であること。障がい者自身が運転する場合と介護者が運転する場合では障がいの内容及び程度により細かく規定されていますので、お尋ね下さい。

助成内容

該当する障がい者1人に付1台の自動車税、自動車取得税、軽自動車税が減免となります。

手続きに必要なもの

手帳、運転免許証、車検証、印鑑、その他必要に応じて提出書類あり。

備考

納期限の7日前まで申請が完了のこと。手続きは町及び県税事務所へ。(毎年申請が必要です。)

所得税・住民税の控除

内容

税金の申告、年末調整をする場合、障がいを申告すると税金額が少なくなります。

対象者

申告する方自身が手帳を持っているか、手帳を持つ方を扶養している方。

助成内容

障がいの程度に応じて所得控除を受けられます。

手続きに必要なもの

手帳

NHK受信料の減免

内容

NHK受信料が減免されます。

対象者

(1)身体障がい者手帳、療育手帳、保健福祉手帳所持者が世帯構成員にいて、世帯構成員全員が住民税非課税世帯。
(2)世帯主が身体障がい者手帳(視覚障がい、聴覚障がい、1~2級の肢体不自由)、療育手帳A、保健福祉手帳1級、戦傷病者手帳の障害程度が特別項症~第1款症のいずれかに該当する世帯。

助成内容

(1)の場合・・・全額免除
(2)の場合・・・半額免除

手続きに必要なもの

手帳、印鑑

備考

町から受けた証明書をNHKに申請して下さい。

道路への駐車許可

内容

視覚障がい、下肢障がいの方がやむを得ず駐車禁止区域内で乗下車する場合に駐車許可を受けることができます。

対象者

視覚障がい(4級以上)のある家族を乗せる方、本人が下肢障がい(6級以上)の方。

手続きに必要なもの

手帳、運転免許証、車検証、印鑑、家族が運転する場合には更に住民票、謄本等。

備考

警察署へ直接申請して下さい。

更正医療費給付

人工透析している方への通院交通費支給

日帰りの介護サービス

宿泊による介護サービス

ホームヘルパーによる介護サービス

施設入所

特別障がい者手当

障害児福祉手当

特別児童扶養手当

児童扶養手当

  • その他、福島県を窓口として受けられる制度として、住宅改造資金や自動車購入資金の融資制度、特殊な日常生活用具の給付制度等があります。
  • 民間の施設での入場料金の割引等さまざまありますので、お出かけの際には手帳を所持されていると便利です。

身体障がい者手帳をお持ちの方で、次のようになったときには手続きをして下さい

障がいの程度が変わったり、新たな障がいが加わったとき

手続きに必要なもの:印鑑、写真(上半身の写っている最近撮ったもの、縦4センチメートル×横3センチメートル)、診断書

手帳を紛失したとき

手続きに必要なもの:印鑑、写真

住所が変わったとき

手続きに必要なもの:印鑑、手帳

死亡されたとき

手続きに必要なもの:印鑑、手帳、その他障がいに関する証書等を家族の方がご持参下さい。