ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光情報 > 観光・歴史・文化 > 文化財 > 杉の糸桜(すぎのいとざくら)

▼ページ本文はここから

杉の糸桜(すぎのいとざくら)

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

杉の糸桜の写真1 杉の糸桜の写真2

分類町指定天然記念物
指定年月日昭和49年2月11日
所在地大字船杉字北杉大道
所有者・管理団体杉区(杉糸桜保存会)

イトザクラは、エドヒガンザクラの一種で枝が垂れるのでシダレザクラともいう。
杉の糸桜は、胸高幹周囲約3.2メートル、樹高約6メートル、樹齢は推定200年といわれるが、『新編会津風土記』によると、天正年間(1573~1592年)に宮城郡より移植したものの2代目といわれている。

福島県緑の文化財登録第5号

会津五桜

  • 石部桜(会津若松市一箕町)
  • 薄墨桜(会津美里町高田・伊佐須美神社)
  • 虎の尾桜(会津美里町雀林・法用寺)
  • 杉の糸桜
  • 大鹿桜(猪苗代町・磐椅神社)

一覧へ戻る