ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 企業・事業者 > 農林・商工業 > 商工業 > なりすまし詐欺にご注意ください

▼ページ本文はここから

なりすまし詐欺にご注意ください

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月1日更新

最近、福島県内において、高齢者を狙ったなりすまし詐欺が多発しています。息子や孫を装い、「急にお金が必要になった」「会社のお金を無くしてしまった」、公的機関の職員を騙り「健康保険料の還付金がある」、といった手口が代表的なものとなっています。

会津坂下町では、急増する消費生活相談のため福島県消費生活センターのホームページをリンクしました。 消費生活センターニュースでは、「身に覚えの無い請求を行なっている会社等について調査をした結果を公表」・「相談事例」なども掲載しています。 「おかしいな」「困ったな」と思ったら、ひとりで悩まずに手後れになる前に家族や消費生活センターに相談しましょう。

以下の言葉にご注意ください

  1. 「携帯の電話番号が変わった」→前の番号にかけて確かめましょう。
  2. 「急ぎでお金が必要だ」→今日中に!急いで!と言われたら詐欺を疑いましょう。
  3. 「お金を返したいのでATMに行ってもらえますか?」→公的機関がATMを操作させることはありません。
  4. 「マイナンバー制度に伴って・・・」→マイナンバー制度に伴う調査や金銭の受け渡しは詐欺です。
  5. 「必ずもうかる未公開株がある」→必ずもうかる、といった言葉には注意しましょう。
  6. 「新型コロナウイルスワクチン接種に伴い・・・」→ワクチン接種の為に、電話等で金銭や個人情報の提供を求めることはありません。

相談窓口

福島県消費生活センターポータル
消費者庁ホームページ