ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

保険料の納付方法について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

国民年金保険料の納付方法には、次のような方法がありますが、口座振替をおすすめします。
口座振替を利用すれば、毎月納める手間がはぶけるばかりか、納め忘れもなく安心です。

口座振替全国の金融機関又は郵便局の各個人口座から自動的に引き落とされます。
(口座のある金融機関又は郵便局へ通帳、通帳印、納付書を持参のうえ申し込みください。)
自主納付国が発行する納付書で、納付します。
全国の銀行、郵便局、農協、信金、労金などでも納付できます。

平成31年度の保険料は月額16,410円です。また国民年金第1号被保険者ならびに任意加入被保険者は、定額保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、受給する年金額を増やせます(月400円)。

  • 毎月の保険料の納付期限は、翌月月末(金融機関等の休業日の場合、翌営業日)です。
  • 4月末までに1年分・半年分の保険料を一括で納めると保険料が割引となる前納制度もありますのでご利用ください。
  • 収入の少ない人や学生などで保険料を納めることが経済的に困難な人は、保険料の免除制度(学生特例制度や全額・半額免除等)がありますのでご相談ください。
  • 納めた保険料は、年末調整や確定申告時に、全額所得控除されます。
  • 国民年金保険料が未納になっている場合、株式会社アイヴィジットの方が説明にお伺いする場合があります。(アイヴィジットがお伺いした際に未納の国民年金保険料を徴収することはありません。)