ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道 > 水道 > 水道料金および下水道等使用料改定について
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 水道・下水道 > 下水道 > 水道料金および下水道等使用料改定について

▼ページ本文はここから

水道料金および下水道等使用料改定について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月27日更新

水道料金・下水道等使用料改定について

令和元年12月の定例会において、「会津坂下町水道事業給水条例の一部を改正する条例」、「会津坂下町下水道条例の一部を改正する条例」及び「会津坂下町農業集落排水処理施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例」が可決されました。これに基づき、令和2年4月1日から水道料金、下水道・農業集落排水施設使用料を改定します。

皆様にはご負担をおかけしますが、今後も効率的な事業運営と健全経営に努めてまいりますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

改定の理由について

 水道料金は、平成5年4月に料金改定し、現在まで組織改編や施設維持管理及び検針業務の民間委託等により、人件費や通常経費の削減のほか、企業債利息の削減などの企業努力により現行料金を維持してまいりました。

 しかし、近年では、人口減少、節水意識の向上や、節水機器の普及などにより水需要が減少し、料金収入も減少傾向にあります。

 一方で、これまで整備してきた水道施設が耐用年数を迎え、その更新需要の増加が見込まれることに加え、耐震化や機能向上等が求められていることから、今後、多額の更新費用が発生することが予見されており、水道事業経営の安定を図るため、より適正な水道料金の見直しを行いました。

 また、下水道・農業集落排水処理施設使用料は、下水道使用料が「従量制」を採用し、農業集落排水処理施設使用料が「定額制」を採用しております。事業は異なるものの同じ生活排水処理を行うことから、受益と負担の公平性の点において、同一の使用料体系が望ましく、加えて今後の公共下水道事業と農業集落排水事業を持続的・安定的に運営していくため使用料体系を統一し、適正な使用料の見直しを行いました。

 

改定の内容について

水道料金

下水道使用料

農業集落排水処理施設使用料

平均改定率12.9%値上げ

閉栓料金の廃止

平均改定率11.2%値上げ

下水道使用料と同じ使用料体系に改正

 

 

 

水道料金 新旧表(税抜き)

※基本料金

 

現 行

改定後

口径

基本料金(1月につき)

基本料金(1月につき)

基本水量(㎥)

料金(円)

基本水量(㎥)

料金(円)

φ13

10

1,930

10

2,179

φ20

10

3,970

10

4,482

φ25

 

5,460

 

6,164

φ30

 

7,900

 

8,919

φ40

 

14,000

 

15,806

φ50

 

21,900

 

24,725

φ75

 

49,100

 

55,434

 

 

※従量料金

現 行

改定後

従量料金(1㎥につき)

従量料金(1㎥につき)

水量

(㎥)

料金

(円)

料金

(円)

1~20

175

198

φ13とφ20は11~20まで

21~50

235

265

51~100

295

333

101~

355

401

公衆浴場用

1~150

105

119

 

151~

150

169

臨時用

 

355

401

 

 

 

 

 

 

下水道使用料と農業集落排水施設使用料 新旧表(税抜き)

現 行

改定後

公共下水道使用料

汚水処理使用料

基本料金(1月につき)

従量料金(1㎥につき)

基本料金(1月につき)

従量料金(1㎥につき)

基本水量

(㎥)

料金

(円)

水量

(㎥)

料金(円)

基本水量

(㎥)

料金

(円)

水量

(㎥)

料金(円)

0~10

1,400

11~20

150

0~10

1,557

11~20

167

21~50

160

21~50

178

51~100

190

51~100

211

101~

230

101

256

農業集落排水処理施設使用料(1月当たり)

 

区分

基本料

(円)

人員割

(円)

一般住宅

1世帯当たり

3,000

世帯員1人当たり

500

地区集会所

1棟当たり

3,000

 

事業所及び施設

1事業所及び1施設当たり

3,000

建築物の用途別によるし尿浄化槽の処理対象人員算定基準(JISA3302-2000)により求められた人員に地区外からの人員の割合を乗じて決定した人員1人当たり

500

審議の経過について

○令和元年5月に「会津坂下町上下水道事業運営審議会」を設置し、3回の審議会において、水道料金、下水道・農業集落排水処理施設使用料の見直しについて審議し、9月開催の第3回審議会において答申を受けました。

○水道料金、下水道・農業集落排水処理施設使用料の見直しに係る住民説明会を8月22日、23日に実施しました。

○水道料金、下水道・農業集落排水処理施設使用料の見直しに係るパブリックコメントを8月9日から9月9日まで実施しました。