ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 妊婦・子ども > 予防接種 > 子どもの予防接種(定期接種)について

▼ページ本文はここから

子どもの予防接種(定期接種)について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月14日更新

  •   お母さんから赤ちゃんに受け継がれた病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3か月までに、麻しん(はしか)では生後12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。予防接種に対する正しい理解の下で、お子さんの健康にお役立てください。
     生後1か月頃に、予診票と冊子「予防接種と子どもの健康」を送付しますので、予防接種を受ける前に必ずお読みください。

予防接種を受ける前の注意事項
  
1.一般的注意
    ・体調のよい時を選んで受けましょう。
    ・必ず健康状態を良く知っている方(保護者)が付き添ってください。
    ・「予防接種と子どもの健康」をよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。
2.予防接種を受けることができない方
    ・37.5℃以上の発熱のある方
    ・重篤な急性疾患にかかっている方。 
     急性で重症な病気で薬を飲む必要のある方は、その後の病気の変化もわからないことから、その
     日は接種を受けないのが原則です。
    ・その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシー(接種後30分以内に起こ
     るひどいアレルギー反応)を起こしたことがある方。
    ・BCG接種の場合においては、外傷などによるケロイドが認められる方。
    ・B型肝炎の予防接種の対象者で、母子感染予防として、出生後にB型肝炎ワクチンの接種を受け
     た方
    ・その他、医師が不適当と判断した場合。

 

予防接種の種類と対象年齢

定期接種(A類疾病)


ワクチン名

対象年齢
(標準的な接種期間)


備 考
B型肝炎1歳未満
(2か月から9か月)
初回2回、追加1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
ヒブ2か月から5歳未満
(初回接種は2か月から7か月)
接種をはじめる月齢により回数が変わります。
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
小児用肺炎球菌2か月から5歳未満
(初回は2か月から7か月)
接種をはじめる月齢により回数が変わります。
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
四種混合
(ジフテリア、百日せき、破傷風、ポリオ)
3か月から7歳6か月未満
(初回は3か月から1歳)
初回3回、追加1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
二種混合11歳以上13歳未満
(11歳から12歳)
1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
BCG1歳未満
(5か月から8か月)
1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
麻しん風しん混合1期1歳から2歳未満1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
麻しん風しん混合2期小学校入学前の学年(幼稚園年長)1回
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
水痘1歳から3歳未満
(初回は1歳から1歳3か月)
2回
詳しくは厚
生労働省HPをご覧ください。
日本脳炎1期6か月から7歳6か月
(初回は3歳から4歳)
初回3回、追加1回
※平成7年4月2日から平成21年10月1日に生まれた方は、特例措置の対象となります。
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
日本脳炎2期9歳から13歳未満
(9歳から10歳)
1回
※平成7年4月1日から平成19年4月1日に生まれた方は特例措置の対象となります。
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。
子宮頸がん予防中学1年生から高校1年生まで
(中学1年生)
※現在、積極的に接種をお勧めしておりません。
詳しくは
厚生労働省HPをご覧ください。

予防接種関係書類

 生後1か月頃に「乳幼児健康管理ファイル」を送付します。ファイル内に、予診票・冊子「予防接種と子どもの健康」・予防接種案内チラシが入っていますのでご確認ください。
※麻しん風しん2期、日本脳炎2期、二種混合は、対象年齢になりましたら幼稚園や小学校を通して配布します。
※紛失された場合は、生活課福祉健康班で再発行しますので、母子手帳をご持参の上、来庁してください。

料金

 無料で接種できます。 ただし、次の場合は有料になりますのでご注意ください。
 1.対象年齢でない。
 2.会津坂下町外に転出した後で接種した。
※なお、県外で接種された場合は、下記の手続きが必要になります。
【県外の医療機関で接種した場合】
 一度医療機関に支払いをしていただき、後日、町に助成申請をしてください。
◆提出書類
 
予防接種費用助成支給申請書、領収書(ワクチン名がわかるもの)、予診票、通帳の写し

必要なもの

・母子健康手帳 
・予防接種予診票 
健康保険証 
・保護者の同意書(13歳以上の人で保護者の同伴無しで接種する場合)