ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

凍結防止

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

凍結防止について

寒さは水道管の大敵です。気温が低くなりますと、防寒の不完全な水道管は凍ったり、破裂したりします。早めに水道管の防寒をしましょう。

メーターケース内の凍結防止策

水道メーターの周りに砂や保温材を入れるようにしてください。これが無いと管が凍結する場合が有りますので時々点検して下さい。

水道管の凍結防止策

凍るのを防ぐには水道管に布などを巻いて保温し、その上からビニールテープなどをしっかり巻き付け、保温材が濡れないようにします。市販されている凍結防止用の資材や電熱線を利用するのも効果があります。

凍って水が出ないとき

タオルをかぶせ、その上から、ゆっくりとぬるま湯をかけて融かす。
急に熱いお湯をかけると水道管や蛇口が破裂することがあります。

凍りやすい水道管

以下のような水道管は凍結しやすいので凍結防止策を忘れないようにしましょう。

  • 水道管が北側にあるもの
  • 水道管がむき出しになっているもの
  • 風当たりの強いところにあるもの

水道管が破裂したら

凍結等で水道管が破裂した場合の修理は、会津坂下町水道事業指定給水装置工事事業者まで修理を依頼してください。
※メーターボックス内に止水レバーがある場合は、止水レバーを操作することで水を止めることができます。