ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

介護保険の保険料について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

あなたの保険料を確認しましょう。

40歳~64歳以上の方

決まり方納め方
国民健康保険の方所得や世帯にいる40歳~64歳の介護保険対象者の人数によって決定します。医療保険分と介護保険分を合わせて国保の保険税として世帯主が納めます。
職場の健康保険の方健康保険組合、共済組合など、加入している医療保険の算定方式にもとづいて決ります。医療保険分と介護保険分を合わせて、健康保険料として給料から差し引かれます。

65歳以上の方

介護保険段階

市町村ごとに決められた「基準額(第5段階)」をもとにみなさまの所得などに応じて段階的に決められます。

段階

対象となる方

乗率

年間保険料

第1段階

本人が住民税非課税

同じ世帯に住民税課税者がいない

生活保護被保護者、老齢福祉年金受給者、前年の合計所得と年金収入の合計が80万円以下の方

基準額×0.45

33,000円

第2段階

前年の合計所得と年金収入の合計が80万円超120万円以下の方

基準額×0.75

54,900円

第3段階

前年の合計所得と年金収入の合計が120万円超の方

基準額×0.75

54,900円

第4段階

同じ世帯に住民税課税者がいる

前年の合計所得と年金収入の合計が80万円以下の方

基準額×0.90

65,900円

第5段階

前年の合計所得と年金収入の合計が80万円超の方

基準額

73,200円

第6段階

本人が住民税課税

前年の合計所得が120万円未満の方

基準額×1.20

87,900円

第7段階

前年の合計所得が120万円以上190万円未満の方

基準額×1.30

95,200円

第8段階

前年の合計所得が190万円以上290万円未満の方

基準額×1.50

109,800円

第9段階

前年の合計所得が290万円以上の方

基準額×1.70

124,500円