ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

重度身体障がい者の医療費助成

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

身体障がい者手帳や療育手帳をお持ちの方は障がいの種類や程度によって制限がありますが、重度心身障がい者医療費助成や更正医療に関する公費負担制度に基づき、保険診療の自己負担分が軽減されます。

重度心身障がい者医療

重度心身障がい者医療費助成の対象は、身体障がい者手帳の1級及び2級、3級の一部(内部疾患)と、療育手帳でA判定、保健福祉手帳で1級の手帳を取得された方、また、それ以外の等級の手帳所持者で,身体と療育・身体と精神・療育と精神等手帳を合わせてもつ方です。
ただし、世帯の合計所得金額によっては対象外となる場合があります。

更正医療

更正医療の対象は、指定の医療機関での心臓手術や腎臓の透析療法を受けた方で、あらかじめ福島県障がい者総合福祉センターにより障がいが軽減されると判定された方です。
ただし、世帯員の課税額に応じて、一部負担金があります。対象は18歳以上の方に限ります(18歳未満は育成医療)。