ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 救急・防災・防犯 > 防災 > 平成30年度会津坂下町防災訓練の実施について

▼ページ本文はここから

平成30年度会津坂下町防災訓練の実施について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月1日更新

目的

 この訓練は、地域住民及び区、自主防災組織等の参加のもと、防災関係機関、各種団体と緊密な連携を図りながら実施し、災害時における応急対策が迅速かつ的確に実施できる防災体制を確立し多発する各種災害に備え、地域住民の防災に対する意識の高揚を図る。また、災害発生時において要支援者を確実に避難支援できる体制を構築することを目的とする。

 

1.日時

 平成30年8月25日(土曜日) 午前9時00分~正午

 災害が発生した場合、又は発生する恐れがある場合は中止する。

 

2.場所

 会津坂下町役場、旧片門小学校、高寺地区各集会所

 高寺コミュニティセンター、高寺コミュニティセンター付属体育館

 

3.主催

 会津坂下町、会津坂下町消防団

 

4.協力機関及び団体(順不同)

 会津坂下消防署、会津坂下警察署、高寺地区区長会、高寺地区民生児童委員

 高寺地区地域づくり協議会、高寺コミュニティセンター、交通安全協会高寺分会

 会津坂下町社会福祉協議会、会津坂下町福祉ボランティア連絡協議会

 

5.訓練の想定【水害・土砂災害・地震・火災】

 【水害・土砂災害】第1~9訓練

 平成30年8月25日、台風15号が新潟県沖の日本海を通過しており、福島気象台は午前7時、会津方部全域に大雨及び暴風警報を発令。午前9時会津坂下町に土砂災害警戒情報が発表されたため、天屋区・本名区・洲走区・杉山区に避難勧告・避難指示を発令、その後、只見川が増水し、浸水や決壊の恐れがあるため、片門区・舟渡区に避難勧告・避難指示を発令し、高寺地区各集落の避難訓練を実施する。

 【地震・火災】第10~14訓練

 町の関係機関は警戒態勢に入っていたところ、午前10時08分頃、福島県会津地方を中心に激しい地震があり、震源地は会津盆地西部である。県内各地の震度は会津坂下町で6強、福島、郡山、白河で4、小名浜で3と推定される。会津坂下町高寺地区では家屋が倒壊し、旧片門小学校より出火、延焼拡大の恐れありの想定とする。

6.訓練内容

(1)広報訓練

(2)訓練本部設置訓練

(3)車両等配備訓練

(4)被害状況報告訓練

(5)交通整理・誘導訓練

【1】職員参集訓練

【2】避難所設置訓練

【3】広報訓練(土砂災害・水害)

【4】生活物資供給訓練

【5】炊き出し訓練

【6】集落における要支援者・住民の避難訓練

【7】住民安否確認訓練

【8】避難行動要支援者搬送訓練

【9】要支援者・住民の避難所受入訓練

【10】通報・避難誘導及び救出訓練

【11】2次避難訓練

【12】中継送水訓練・火災防御訓練

【13】応急手当訓練

【14】初期消火訓練