ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 救急・防災・防犯 > もしものとき > 援助・救済制度についておしえて!!
トップページ > 分類でさがす > 子育て・教育 > 子育て支援 > 各種給付・助成制度 > 援助・救済制度についておしえて!!

▼ページ本文はここから

援助・救済制度についておしえて!!

印刷用ページを表示する掲載日:2013年12月4日更新

交通事故で一家の働き手を失ったり、あるいはケガのため収入が減ったりと、経済的に問題がおこります。(子どもの教育費・賠償金や保険金を受け取るまでの生活費など)
このような、交通事故の被害者(遺族)の方に対する援助・救済活動については、公的機関・各種援助・救援機関がありますので詳しくは下記の担当機関にお問い合わせください。

福祉制度

公的機関が行っているもの

制度対象となる援助・救援内容機関
児童扶養手当交通事故により母子家庭となった方市役所・町村役場
母子福祉資金の貸付け同上福祉事務所
生活扶助・教育扶助・住宅扶助・医療扶助などの生活保護交通事故により収入がなくなったり、少なくなって生活に困っている方(困窮の程度に応じて考慮されます)福祉事務所

各種援助・救援機関が行っているもの

機関名内容連絡先
独立行政法人 自動車事故対策機構福島支所交通事故児等への貸付け、後遺障害保険(共済金)の一部立替貸付け等の生活資金貸付制度、重度後遺障がい者介護料の支給制度024-522-6626
財団法人 交通遺児育成基金損害賠償金等の中から拠出金を交通遺児育成基金に払込み加入しますと、国や民間からの援助金を加えて子どもが満19歳になるまで育成給付金を支給する制度(満11歳未満の遺児が加入できます)03-5212-4511
0120-16-3611
財団法人 交通遺児育英会高校生、大学生に対する奨学金の貸付制度03-3556-0773
0120-52-1286