ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 住民協働・地域づくり > 地域づくり支援 > 平成30年度コミュニティ助成事業の募集が始まりました

▼ページ本文はここから

平成30年度コミュニティ助成事業の募集が始まりました

印刷用ページを表示する掲載日:2017年9月7日更新

 一般財団法人 自治総合センターでは、住民の行うコミュニティ活動を推進し、その健全な発展を図るとともに宝くじの普及広報事業に資するため、助成事業を実施しております。

 要綱等で内容を確認していただき、各自治会・区、自主防災組織において希望がある場合は政策企画班までお問い合わせください。なお、採択の判断は一般財団法人 自治総合センターが行います。申請したものが必ずしも採択されるわけではありませんので、あらかじめご了承ください。

助成対象事業者

市(区)町村、コミュニティ組織(自治会・区長会)、自主防災組織(消防団は除く)、都道府県

助成対象事業

(1)一般コミュニティ助成事業

○コミュニティ組織(自治会・町内会)活動に直接必要な設備の整備等に関する事業

助成額:100万円~250万円(備品や防犯・安全に関する設備など)

(2)コミュニティセンター助成事業

○コミュニティ活動を積極的に推進するための集会施設(自治会集会所等)の建設、大規模修繕、その施設に必要な備品の整備に関する事業。

助成額:対象となる総事業費の5分の3以内に相当する額。だだし、1,500万円を限度

(3)自主防災組織育成助成事業

○自主防災組織(消防団は除く)、婦人防火クラブ・少年消防クラブ等による地域の防災活動に必要な施設または設備の整備に関する事業

助成額:30万円~200万円(事業区分により金額に上限あり)

(4)青少年健全育成助成事業

○青少年の健全育成に資するため、スポーツ・レクレーション・文化活動・イベントなど、主として親子で参加するソフト事業

助成額:30万円~100万円(スポーツ・レクリェーション大会や講演会・研修会の開催等

(5)地域づくり助成事業

ア.共生の地域づくり助成事業

○地域の創意工夫により、地域の実情にあった全ての住民にやさしいまちづくりを進める先導的な設備の整備やソフト事業

助成額:1,000万円(ソフト事業は500万円)

イ.活力ある地域づくり助成事業

○地域の特性を地域資源として発見し、積極的な活用を図ることを目的としたソフト事業及び地域の特色を活かした商店街の魅力や集客力の向上に資する設備等の整備に関する事業

助成額:1,000万円(ソフト事業は200万円)

 (6)地域の芸術環境づくり助成事業

○自ら企画・制作する音楽、芸術分野など文化・芸術事業のうち「地域交流プログラム」を伴うソフト事業

助成額:500万円

(7)地域国際化推進事業

○多文化共生、国際理解推進など地域レベルでの国際化の推進に資する先導的かつ他の団体の模範となるソフト事業

助成額:200万円まで

※詳細は一般財団法人自治総合センターのホームページをご覧ください。

http://www.jichi-sogo.jp/lottery/comunity

申請締切

9月29日 金曜日 まで関係書類をそろえて、会津坂下町政策企画班まで提出をお願いします。

近年の運用実績

○平成25年度:活力ある商店街づくり助成事業により、町の商店街の照明をLED化

○平成26年度:共生の地域づくり助成事業により、町で、コミュニティバス(29人乗)を整備

○平成27年度:一般コミュニティ助成事業により、広瀬コミュニティセンターへ陶芸用電気炉とブルーヒーターを、地域防災組織育成助成事業により、発電機と投光機を町の防災倉庫と高寺コミュニティセンターへ整備

○平成28年度:一般コミュニティ助成事業により沼越区で除雪機及び格納庫を、コミュニティセンター助成事業により村田区が地区集会所を整備